『街並み36号-長野から上越の海へ-』nanobooks

ー街並みとはー

街の風景や人々の営みを、
この街に“暮らす”目線で記録する小冊子です。
長野市を中心に、
街の風景写真とイラスト地図等を収録しています。
毎回、市内の「○○町」「仕事場めぐり」
「銭湯」「長野電鉄」「映画館」など
一冊につきひとつのテーマでまとめています。

海のない長野県から飛び出して「上越の海」に
行きました。
長野市あたりでは、「海」と言ったらすなわち
新潟県上越市の海、もう少し細かく言うと「なおえつ海水浴場」
「たまには海水浴場」あたりを目指すという漠然とした約束?
みたいなものがある気がします。

車で走ると1時間ちょっとで着いてしまうし、
電車でも気軽に行くことが出来るためか、
「とにかく海が見たい!」という気分になったときにたどりつくのが
「上越の海」だからかもしれません。

「谷浜の海は信州の海」という言葉があるほどで
信州人にとって「上越の海」は
特別に思い入れがある場所である!
という気がします。

ひたすら海を想い海に向かった真夏の1週間の記録です。

サイズ 180×128ミリ
ページ数:カラー40P+モノクロ8P
発行日:2008年9月4日
発行元:ナノグラフィカ

¥ 500

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • スマートレター

    保障や追跡サービスがないことを予めご了承ください。

    全国一律 180円

※10,000円以上のご注文で送料が無料になります。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。