『fratto vol.10-青きモダニズムへの追想-』fratto編集部

東三河・西三河・浜松
コミュニティ&ライフスタイルマガジン。

わがまち・豊橋の明治時代から昭和初期までを追想。
井上靖が綴った、在りし日の豊橋をプロローグに、読む者を時間旅行に誘う。
その60年あまりの時間のなかから見つけたのは、
わたしたちの故郷の懐かしい情景。
そして、人びとが時に笑い時に泣き、ひたむきに生きた軌跡。
古道具店におやつ、老舗料亭など、往時を偲ばせる名店も訪ねた。

CONTENTS

■特集

青きモダニズムへの追想 [明治・大正・昭和初期の豊橋]
Nostalgic Journey and A Novelist’s Emotions of travel TOYOHASHI 1868-1930

  かつて東海道の宿場町として栄えた豊橋は、
  明治期には軍都・蚕都として躍進し、
  文明華やかなモダニズムの時代を迎えた。
  建ち並ぶ西洋建築と、人力車の波、そしてガス燈。
  そんな明治の面影を、いま街に見ることはできない。
  昭和20年6月、豊橋は空襲によって街の大半を焼失した。
  “昨日のない町”と称された戦災都市。
  しかし、影は遠ざかっても、その時代は確かにあったのだ。
  文豪が残した一篇のエッセイを糸口に、
  懐かしい故郷の情景を手繰り寄せた。

□井上靖 エッセイ「旅情」 イラスト/板垣しゅん
  井上靖は幼い頃、祖母に連れられて、
  軍医だった父の赴任先である豊橋を訪れた。
  それは人生で初めての越境であり、
  幼心に人生の哀歓を知る旅だった。

□ベル・エポックの時代の故郷 豊橋が歩んだ“現代風”への道

□愛知大学に残る軍都・豊橋の遺構

□東亜同文書院の時代と激動の日中近代史

□軍都の残照 豊橋に残る戦争遺跡
   コラム 東田・小池遊廓

□明治の偉人浪漫譚
  「食道楽」村井弦斎
  「世界一周の旅」中村直吉
  「近代花火の祖」仙賀佐十

□文房四宝
   豊橋筆/オーテ万年筆

□古きよき時代を懐かしむ 豊橋のおやつ今昔
  若松園/大正軒/親友軒/ういろう餅昌/入河屋
  中原屋/かわいや

□ひっそりとゆかしく 百年の刻を重ねた老舗料亭
   日本料理 みなと/割烹旅館 松米/すきやきの小林

□古道具の愉しみ
   目利きに聞く/見るのも買うのも楽しい 骨董市
   アンティークきもの/浜松の骨董屋巡り

□「ロウソクナミダ」樋口一葉を歩く
   写真・八木史子

□働く女性のためのショップガイド
 Boutique&School ひとり歩きの休日

□fratto FAVOUR
Let's Join Us/Artist/Workshop/Art/Event/Music/Book/DVD/Travel

[連載コラム]
□Koji Matsumoto the Last Leaf
□ドイツボードゲーム塾
□やぎのフォトレポート
□西澤トモコのあこがれハノイ移住日記

□四柱推命で見る2009年10月~2010年3月の運勢

□編集後記

(HPより引用含む)

ページ数:125ページ

編集・装丁:fratto編集部
発行:高井龍雄
発行日:2009年9月25日

¥ 360

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • レターパック

    ポスト投函も可能。追跡サービスも利用できます。

    全国一律 360円

※10,000円以上のご注文で送料が無料になります。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。